作るわけではありません(笑)食べたお菓子の紹介と日々の出来事。


by tomoltuti106
カレンダー

カテゴリ:水彩画( 155 )

水彩画展始まりました

今朝搬入して、飾りつけ終わりました。
f0035506_12270108.jpg

今日の歩き
8742

by tomoltuti106 | 2019-02-18 12:21 | 水彩画 | Comments(0)
この時期去年もミモザを描きました
去年はマスキングして綿棒で点々をつけましたが
今回は別のやり方で描きました
f0035506_10270667.jpg

今年もデパートでバレンタインチョコの試食を
しまくり買いました。
自分用三原豆腐のピスタチオチョコ。
冷凍保存で好みの溶け具合でお口にポン🎵
うーん🎵おいしい。
f0035506_10300907.jpg

by tomoltuti106 | 2019-02-16 10:24 | 水彩画 | Comments(2)
来週の18日月曜日から24日日曜日まで
アクロス福岡で水彩画教室展が始まります

私も三作品出すことになりました。
今日先生と、一緒に習っている方たちにも選んでもらい
私も気に入っている作品です。
良かったら、見に来て下さいね。
月曜日と土曜日が当番です。
f0035506_20301159.jpg

前回の教室で描いた水仙です。
今回これは出しませんが😅
f0035506_20314325.jpg

by tomoltuti106 | 2019-02-14 20:22 | 水彩画 | Comments(2)

バラの水彩画

今年最初の水彩画は先生の弟さんが
作られている薔薇を描きました
2月18日から水彩画教室展が始まるので
それに出すものと気合いが入ったのですがーーートホホ
f0035506_21375573.jpg



by tomoltuti106 | 2019-01-24 21:30 | 水彩画 | Comments(2)

百合の水彩画

今年最後の水彩画は百合でした。
しかもイマイチ😃💦
最後に気に入ったのが出来たら気持ちよく1年を終われるのになぁ~
f0035506_16025498.jpg
習字の方は通信の本に写真掲載。
こちらは一応気持ちよく来年に続けられます
ワレモコウすすき刈萱秋くさの
さびしききはみ君におくらむ

意味
吾木香、薄、刈萱など、この上もないさびしい秋草を、あなたへの贈り物としよう。
f0035506_16021230.jpg
シャコバサボテンがますます咲きまくりゴージャス(笑)
f0035506_16042860.jpg
こちらの白も咲き出しましたが、いただいた時より細身に
なってしまいました。
さし芽を頑張って大株にするのが来年の目標
f0035506_16144119.jpg

最近検索一位が、タキイの福袋の記事になっていますが
私自身は去年買いまくり夏に枯らしまくりーーー反省して今年は自粛しました。
残った薔薇達を大事に育てます


by tomoltuti106 | 2018-12-23 15:57 | 水彩画 | Comments(4)

菊の水彩画

久々ちょっと気に入ったのが描けました
自己満足(笑)
f0035506_18213914.jpg
地下街で行列のチーズケーキ
オープンしてかなりたつのでだいぶ収まってきたかな
行列苦手です

f0035506_18222345.jpg

by tomoltuti106 | 2018-12-14 18:20 | 水彩画 | Comments(0)

つわぶきの水彩画

つわぶきとケイトウの水彩画です。
我が家にある班入りのつわぶきは数年前に
実家からもらいました。
やっと初めて花が咲いて1人喜んでいます😃💦
なんで今まで咲かなかったんだろう?(笑)
f0035506_00530431.jpg

f0035506_00540800.jpg

by tomoltuti106 | 2018-11-28 00:49 | 水彩画 | Comments(2)

いよいよ明日

先生の個展がいよいよ明日からです
f0035506_15064080.jpg

by tomoltuti106 | 2018-11-12 18:06 | 水彩画 | Comments(0)

ノコンギクの水彩画

f0035506_13280829.jpg

ノコンギクかわいい♪
よさが出てない😃💦
リベンジしまーす
f0035506_13285188.jpg

by tomoltuti106 | 2018-11-10 13:26 | 水彩画 | Comments(0)

シロダモの水彩画

前回描いた、シロダモの水彩画を先生に見ていただきました。
花瓶の下あたりを手直ししてもらいました。
緑の照り葉に赤い実がかわいいです。
シロダモは普通に郊外の道端のやぶの中にはえている
15メーターにもなる高木で葉の裏が白いのが名前の由来とか。
ベージュの葉っぱを描いていますが、これが葉の裏です。
枯れた色ではありません。
こちらはクスノキ科

バットに使われるアオダモはモクセイ科で関係ないそうです
f0035506_18582207.jpg



by tomoltuti106 | 2018-11-08 18:49 | 水彩画 | Comments(0)